どんなお手入れがいいの?・・・ よくあるお問い合わせをご紹介します。


「先日、いつも通っている習い事にきものを着て行きました。
ほんの少しの時間しか着ていないのですが、お手入れに出したほうがいいのでしょうか?」

短時間のご着用や軽度な皮脂付着であれば、毎回お手入れする必要はありません。
陰干しは必ずしておきましょう。 ただし、ご着用の時間に関わらず、「衿」「袖口」のような皮膚に触れている部分は必ず『皮脂(脂肪)』が 付着しており、 これを放っておくと頑固な汚れや変色の原因になってしまうのです。(お襦袢も同じです。)特に衿周りはファンデーションなど化粧品の影響で強く変色していることも。
回数や期間に応じて、「シミ抜き」などで経済的にお手入れしていくのがいいですね。

 ⁂「シミ抜き」(衿・袖口のみの場合):3,000円(税別)~




きものを着て丸一日お出かけし、たくさん汗をかきました。
たいした汚れはないのですが、きものはしわだらけです。

汗によるシワは、汗に含まれる様々な成分が生地にしみ込み生地が硬くなるためできてしまいます。また、最初は見えなかった汗も時間と共に生地の変色や劣化を起こします。
帯やじゅばんも同じです。 このような場合は、「汗抜き加工」をおすすめしています。

 ⁂「汗抜き加工」(主に脇・背中):5,000円(税別)~




長い間着ていなかったきものを久しぶりに出してみたところ、
黄色い斑点、大きい輪ジミ、筋のような薄汚れなど、
いろいろな汚れがたくさんありました。

まず「丸洗い」で皮脂など油性汚れを落とし、いろいろな成分の混じったシミも薄くした後、ご着用に支障のある箇所をご予算に応じて直していく方法をおすすめしております。
生活環境や保管状況などがそれぞれ異なるのでシミの原因が何なのかを断定することは大変難しいうえ、時間経過で変色したシミ(水性・油性)は手強い汚れとなっています。
丸洗い後の加工については、ご相談のうえお見積りいたします。

「丸洗い」 きもの(袷):3,000円~
 (付下・訪問着: +1,000円・ 留袖 : +2,000円)

※価格は税別です。




家にある反物を使ってきものを仕立てたいと考えています。
どのくらいの日数と費用が掛かるのでしょうか?

お日にちは、余裕を持って2ヶ月ほど掛かります。
費用は反物の状態やお仕立てしたいおきものの種類により、必要な加工とお仕立て代が異なります。
詳しくは「お仕立て・寸法直し」のページをご覧ください。

⁂小紋・紬(袷)の場合
 「湯のし・湯通し」 3,000 円~
 +「お仕立て」 20,000 円~
 + 胴裏・八掛(それぞれ推奨品17,000 円・軽目タイプ15,500 円)
※汚れがある場合 +「染み抜き」別途お見積もり

※価格は税別です。




お手入れが無料になる加工があると聞いたのですが、今持っているきものにも加工できますか?

空気は通しても水は通さない、撥水と塵除けの「パールトーン加工」済みのおきもの類は、一度加工いただくとご着用後のお手入れが20年間無料となっております。
当店では、加工後のお手入れの際はパールトーン京都工場への往復送料1,000円(税別)のみご負担いただいております。
お手持ちのお仕立て上がり品も全く大丈夫ですので、お気軽にお申し付けください。